iPhoneの魅力

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IOS8iPhone6 iPhone6puls 

新しいiPhoneがとうとう発売されました。

今回はIOS8の不具合を私なりにまとめてみました。


まずIOS8の不具合では実際に人柱になられた方のを箇条書きで確認して下さい。

*iCloudドライブ
これはiPhoneのすべての書類やアプリなどを共有できるサービスで、
似たサービスではGoogleドライブやDropboxなどがあります。
今すぐIOS8にしてしまった人でもiCloudドライブだけはまだ適用しないほういいです。
理由は、iCloudドライブに移行してしまうと、現在のMacOSでは連携が取れません。
これはかなり不便ですね。

*LINEアプリが落ちまくる?
IOS8のバグだと思いますが、LINEがとにかく落ちまくるそうです。
iPhone6以降でないと報告されているので、iPhone5SなどではやはりIOS8.0.1が出るまで控えるほうが無難です。

*カメラロールの写真が消える?
カメラロールのデザイン・表示形式まとめ方式が変更され、元々あったものが探せなくなりアルバムからでしか表示ができなくなるそうです。
実際これに関しては、今までのiPhoneを利用されたことのある人であれば、写真データ等は既にクラウドサービスなどにバックアップするのが基本ですから、関係ない人もいますが、詳しくない人は気をつけましょう。

*ユーザー辞書が消える?
アップデート不具合として多いのが、ユーザー辞書が消えてしまうらしいです。

まだまだありますが、そもそもappleStoreのスタッフ自体がリリース直後はアップデートを絶対しないで下さいと言っているそうで、基本的には辞めたほうが良いですね。

朗報。
もしアップデートされた方でも今回はIOS7にダウングレードも用意されていますので、
そちらをおすすめします。

こちらの記事を参照して下さい。


進捗があればまた記事を更新いたします。
iphoneの魅力 apple関連記事ならここで

スポンサーサイト

iphone6Plus発売 

久しぶりです。

今日はみなさんご存知の通り、iphone6の発売日です!

さっそくスペックのご紹介です。
スペック1
スペック2スペック3

iPhone 5s の4インチ1136 x 640から、iPhone 6 は4.7インチ1334x750、iPhone 6 Plus は5.5インチ1920x1080ピクセルに大画面化。画素数が増えて情報量も増えた。

iPhone 5sと6では、PPI(画素の大きさ)が同じで約72万画素 / 100万画素。つまり面積と画素数が約4割増えた。

6 Plusは画面が大きい一方で画素はさらに細かくなり、画素数は約207万。iPhone 6比でも2倍。6 Plusのみ、横画面では標準アプリの多くが iPad的な画面レイアウトに変化します。

画素数が増えて広くなっただけでなく、コントラスト比も大きく向上しています。

iPhone 5sの重さ112gと横幅58.6mmと比べると、iPhone 6 は約15%重い128gで8.4mm幅広の67mm。iPhone 6 Plusは1.5倍近く重い172g。幅は約19.2mmほど広い77.8mm。

一方で、厚さは5sの7.6mmから6は6.9mmの歴代最薄に、6 Plusでも7.1mmに薄型化しています。

(参考までに、大画面フラッグシップとして IPhone 6 Plusのライバル Galaxy Note 4 は
5.7インチ2560 x 1440ピクセル Super AMOLED有機ELディスプレイ、153.5 x 78.6 x 8.5 mm、176g。サイズも重量も同じようなものですが(iPhone 6 Plusはやや薄い)、Note 4はフルHDのさらに8割増の画素数と、高精度なデジタイザペン対応が売りです)


・プロセッサが高速化、電力効率向上

iPhone 5s は、スマートフォンとして初の64bit プロセッサ A7を搭載していましたが、iPhone 6 / 6 Plus では20nmプロセスのA8プロセッサを採用。CPU処理速度で最大25%高速、電力効率は最大50%向上。


・バッテリー駆動時間は延長

iPhone 5sと比べて画面は大きく速くなったものの、バッテリー駆動時間は6 でも 6 Plusでもあらゆる使い方で延長。データ通信は5sと同じから1~2時間増し。待受時間は 5s / 6 が10日、6 Plus は16日。3G通話時間は 5s 10時間、6が14時間、6 Plus は24時間。



・NFC搭載

とうとう iPhone も NFCを内蔵。米国向けに発表された Apple Pay のように、いわゆるおサイフ的な決済サービスに対応します。国内でのサービス対応はまだこれから。

またApple Watchとの連携のように、決済サービス以外にもタッチで~ができるようになります。


・通信機能の強化

WiFiは最新規格 802.11acに新たに対応。最大で従来の3倍速。

また4G LTEも、カテゴリー4対応、最大150Mbps、CA対応、対応帯域の拡大など大きく進歩しています。たとえばTD 41 (2.5GHz帯) に対応したことで、国内ではSoftBank 4G や UQ WiMAX 2+ と同じ帯域と形式に対応することになります。

ソフトバンク / KDDI / ドコモのネットワーク対応も含めて、iPhone 6のLTE通信記事にまとめました。

・カメラ強化

背面iSight カメラは5sから画素数も画素ピッチも変わらないものの、新規センサとISP(A8内蔵イメージプロセッサ)、画像エンジンで強化。ほか暗所撮影の強化、位相差AFや動画のコンティニュアスAF、動画の自動HDR、顔検出の強化などが加わりました。動画はフルHD 30fpsから60fpsにも対応しています。また前面カメラはレンズが明るくなり、連写や自動HDRにも対応しました。

・128GBストレージ追加

・気圧計内蔵



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ul id=%comment_mail+namea name=