iPhoneの魅力

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

googlechromeで遠隔リモートアプリがリリース登場しました! 

お久しぶりです。マージンタです!

今回は遠隔アプリについてです。
遠隔でデスクトップにリモートアクセスするには、お互いのデバイスに対応のアプリケーションをインストールしておかないといけません。
私のmacbookairにはTeamViewerという無料の遠隔アプリが入っております。
とっても使いやすく素晴らしいですし、使い方も簡単で今後も愛用すると思うんですが、
なんと、googlechromeから出ているデスクトップ遠隔アプリケーションがリリースされました。

下記は引用です。

まずは当たり前の話ですが、この機能を利用していくにはChrome(クローム)が必要になるので、ブラウザを使えるようにしておいてください。Chromeについてイマイチ分からないという場合は下記のリンクを参考にしてください。

Chrome(クローム)のメリットと便利な使い方

次にクロームの拡張機能の1つでリモートデスクトップを追加する必要があります。拡張機能についてはこちらからインストールすることが可能です。



拡張機能を追加するには画像の右上部分の赤丸で囲まれている部分「Chromeに追加」をクリックしてください。そうすればブラウザにリモートデスクトップの機能が追加されるようになります。

次はクロームで「新しいタブを開く」等の作業を行ない、以下のような画面を出します。リモートデスクトップのアイコンが新しく追加されていると思いますので、それをクリックしましょう。

ssssするとリモートデスクトップを使用する前に以下のような注意書きが出てきますので、これを承認する必要があります。承認しても特にデメリットはありませんので安心してください。

sftfsd
dgdgdgd
ここまで行えば設定は完了ですので、いつでもリモートデスクトップを機能を利用することが出来るようになりました。



リモートデスクトップの使い方

まずは操作するパソコンと操作されるパソコンを用意して、両方にクロームとリモートデスクトップの設定が完了していることを確認してください。

リモートデスクトップを起動させると以下の画像のような表示が出てきますので、「操作される側」が共有をクリックします。



一方、「操作する側」の方はアクセスをクリックするのですが、それだとアクセスコードの入力を求められます。このアクセスコードは操作される側のパソコンに記載されていますので、それを操作側に伝えて入力してもらいます。(アクセスコードは毎回変わります)



あとは操作する側が接続をクリックすれば、遠隔操作でパソコンを操作することが可能になります。自分のパソコンを操作するよりは反応速度は落ちますが、操作側からはこんな感じの画面に見えますので、使い勝手は良好です。



以上がグーグルクロームのリモートデスクトップ機能ですね。無料で使えるにしては素晴らしすぎる高性能機能ですから、ぜひ最大限活用して頂ければと思います。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ul id=%comment_mail+namea name=