iPhoneの魅力

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MACのワープロソフト 

JAWBONE 骨伝導 ノイズキャンセリング マイク搭載 Bluetooth ヘッドセット iPhone5対応 Jawbone ERA ミッドナイト ALP-ERA-MN

新品価格
¥10,544から
(2013/1/12 11:13時点)




今回は、私が悩みに悩んでやっと決断できたmacbookairを購入した時にどのワープロソフトを入れるかでpagesに決めた理由を紹介します。

まず、pagesとはMAC専用のワードソフトです。 何と悩んでいたかというともちろんwordですね。

wordのメリットはまずどこの会社でも仕事でも使われているソフトということ。(これが一番大きい)

さらに細かな事を設定するのに向いている。例で上げたい所ですがありすぎます。痒いところに手が届くとよく言われる理由は使っている人にならわかりますね。

デメリットは特にありません。日本人が日本語のデメリットを答えるのと一緒です。word自体にデメリットを上げるとすればそれは主観にしかならないからです。

対してpagesのメリットはやはり先進的なスタイル。とっても見やすいテンプレートが豊富。更にwordでは1時間かかる作業をドラッグ&ドロップなどの直感的な操作で30分ぐらいに短縮することが可能。(個人差があります)

これが一番大きいかもしれないですが、どうせMACを使うなら専用のソフトを使いたい。
現在もpagesは使用しているのですが兄のアカウントで同期してゲットしたものなので今回購入を考えているということです。

デメリットは縦書きが出来ない、互換性の再現度はかなり高いがたまにずれる。

さて、一見無難なwordにしておけよと思いますが、一つ気づきました。

まず、Excelファイルやwordファイルって仕事など戦法のやり取りで使用しますが、自分で作成するものは会社のウィンドウズでやるからいらなくね?と思いました。更に自分のPCに送られてきたものはNumbersやpagesで互換できるし、出来ないものがあればグーグルドライブなどで見ることも簡単な編集も可能です。

そうなると、やっぱりiworkで決まりでしょ!

ということで悩みに悩んだ結果です。みなさんも悩んだらメールなりコメントなりください。
お答えします。

補足ですが、Microsoft Office for Macは12000前後

なんとpages、Numbers、Keynoteは全部合計しても5100円
これは買いでしょ!

いつ買うの? 今でしょ!笑

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iphonenews1.blog.fc2.com/tb.php/23-a90ff297

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ul id=%comment_mail+namea name=