iPhoneの魅力

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iphone画面保護シート ガラスフィルムVS通常フィルム aifon いpほね 

今回は2度ガラスフィルムをiphone6Sに張り付けて感じたこと。
いpほね
結果的に通常のフィルムに戻した経緯までを書かせていただきます。

先に今まで購入したシート・フィルムをご覧ください。
ガラス②
ガラス②裏

ガラス①
ガラス①裏

いかがでしょうか。

結果から申し上げます。
強化ガラスタイプは値段に関係なく落としたらまず間違いなく割れます。

割れたときは思うはずです。良かったー、ショックだけどiphone本体が割れるところだったのを防いでくれたと。

本体のガラスはそう簡単に割れません。逆に本体のガラスが割れるような衝撃はガラスフィルムを装着していても割れます。

また、上記2種類のガラスシート値段がだいたい5000円前後します。

そのあとにこれをご覧ください。
iphone画面修理表
iphone側のフロントガラス修理代金表です。

デフォルトのフロントガラスは落とし所が悪くなければそこまで割れません。


そして今回購入した通常材質の保護シート
IMG_0866.jpg
IMG_0868.jpg
IMG_0867.jpg

恥ずかしながら1度落としても割れませんでした。

今までなら確実にヒビや亀裂が入っております。
購入店 ビックカメラ 池袋パソコン館
金額 1680円 税別

特徴は、指紋がつかず淵までガードしてくれるものを選びました。
ガラスは何より角の衝撃にものすごく弱いですからね!

まとめます。

落としたらほぼ確実に割れるガラスシート
落とし所が悪くなければ中々割れない本体のフロントガラス
更にそこに従来の保護シートを装着

耐久性やコスパもさることながら、一番大事にしたいいちいち購入しにいかなければいけない手間がなくなります。

あくまで持論ですが、ぜひお試しいただければと思います。
特にガラスシートを何度も割ってきた方なら賛同いただけるのではないかと。

次回は、そもそもiphoneを落としたくない!という方の為にバンカーリング・iRINGのレビューを書きます。

iphoneの魅力 apple関連記事ならここで

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iphonenews1.blog.fc2.com/tb.php/89-f1a356fd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ul id=%comment_mail+namea name=